文化遺産国際協力コンソーシアム Japan Consortium for International Cooperation in Cultural Heritage JCIC-Heritage logo JCIC-Heritage

NEWS ニュース

コンソーシアム開催のイベントやお知らせ、
その他文化遺産に関わる機関開催のイベント情報の情報をお届けします。

  • NEWS コンソーシアムからのお知らせ

シンポジウム「世界遺産と生きる」のお知らせ(2007.12.10)

上智大学と朝日新聞社よりシンポジウムの案内がありましたので、お知らせいたします。

来る112()に、シンポジウム「世界遺産と生きる」が開催されます。

上記シンポジウムは、文化遺産国際協力コンソーシアムでも協力を行っております。

以下に概要を掲載いたしますので、皆様お誘い合わせの上、是非ご参加ください。

シンポジウム「世界遺産と生きる」

島根県の石見銀山遺跡が世界遺産に登録され、日本にある世界遺産は14になりました。世界では850を上回ります。遺産をしっかりと守り、同時に地元の振興に生かすために、日本にはどのような国際的役割が期待されているのでしょうか。それを多角的に探るために、上智大学と朝日新聞社の共催で、シンポジウム「世界遺産と生きる--日本が果たすべき役割」を開催します。

2008112日(土)午後2時~5時、東京・四谷の上智大学10号館講堂

◆基調講演 青木保(文化庁長官=写真)、石澤良昭(上智大学学長)

◆討論 稲葉信子(東京文化財研究所国際企画情報研究室長)、

     鈴木恒夫(衆議院議員)、田口ランディ(作家)、

     前田耕作(和光大学名誉教授)=敬称略

 司会 隈元信一(朝日新聞論説委員)

◆無料、定員500人。申し込みは、以下のアサヒ・コムの「シンポジウム」ページから。

締め切りは1216日。抽選の結果は、はがきでお知らせします。

http://www.asahi.com/sympo/

https://sns.jcic-heritage.jp/user/?m=pc&a=page_c_topic_detail&target_c_commu_topic_id=104

一覧に戻る