文化遺産国際協力コンソーシアム Japan Consortium for International Cooperation in Cultural Heritage JCIC-Heritage logo JCIC-Heritage

NEWS ニュース

コンソーシアム開催のイベントやお知らせ、
その他文化遺産に関わる機関開催のイベント情報の情報をお届けします。

  • NEWS コンソーシアムからのお知らせ

シンポジウム「観光は文化遺産を救えるか:国際協力の新たな展開」を開催します(2009.11.10)

 

文化遺産国際協力コンソーシアム(以下、コンソーシアム)では、年に1度、一般市民の皆様を対象としたシンポジウムを行っています。

本年は、12月13日(日)東京国立博物館平成館 大講堂で開催します。

本シンポジウムでは、国内外の専門家や、TBS系テレビ番組「世界・ふしぎ発見!」でミステリーハンターとしてご活躍のモデルの浜島直子さんなどをお招きし、文化遺産の背景に展開している文化遺産と観光の関係、それに絡んだ日本の国際協力について考えます。

●名 称:文化遺産国際協力コンソーシアム シンポジウム

「観光は文化遺産を救えるか:国際協力の新たな展開」
●日 程:2009年12月13日 (日)

●時 間:14:00~17:00(開場13:00)

●場 所:東京国立博物館平成館 大講堂  - アクセスはこちら

●参加費:無料

≪プログラム≫
14:00-14:10 挨拶:文化庁/外務省

14:10-14:15 挨拶:石澤 良昭 (文化遺産国際協力コンソーシアム副会長・上智大学学長)

14:15-14:25 文化遺産国際協力コンソーシアムの紹介:清水 真一 (東京文化財研究所 文化遺産国際協力センター長)

<基調講演>

14:25-14:55 世界遺産保護と観光マネージメント:未来の挑戦

フェン・ジン (ユネスコ 世界遺産センター プログラムスペシャリスト)

14:55-15:15 ツーリズムの視点から見た文化遺産国際協力の展望と課題西山 徳明 (九州大学大学院 教授)

15:15-15:35 文化遺産と社会開発:ペルー北高地神殿遺跡のケース関 雄二 (国立民族学博物館研究戦略センター 教授)

15:35-15:50 休憩
15:50-16:10 私が見た観光と文化遺産浜島 直子 (モデル)

16:10-16:40 文化遺産と観光開発への支援―JICAの事例から国際協力機構

16:40-16:55 総合討議司会:西山 徳明 (九州大学大学院 教授)

16:55-17:00 閉会挨拶

本シンポジウムのプログラムや詳細はこちらをご覧ください。

シンポジウム開催チラシ (325 KB) (PDFファイルがダウンロードされます)

参加を希望される方は、コンソーシアム事務局まで

①お名前・②所属・③連絡先(メールアドレス/電話等)をご明記の上

メール、FAX、お電話等でお申し込みください。
大勢の皆様のご参加をお待ちしております。 どうぞお誘い合わせの上、ご参加ください

一覧に戻る